写 記

日常の世界で「ふっと」疲れたら…こちらの世界で「ふっと」綴ります♪

XF16-55mm F2.8R LM WR

8で思う

多様性を8つの言語で表現したジャウメ・プレンサ氏の明快な表現 ルーツと呼ばれるパブリックアートは大好きです 訪れる度に変化する都市空間 今まで無かったものが新たに生まれたり無くなったり… 類似する建物があってもその使用目的は違ったり… ルーツに込…

曼珠沙華

複雑さは美しさ…かも

静と動

静かな水面 それはゆっくりと流れていて、いつかは細流となり動き出す なんだか、静と動の関係に思えるのです 心に溜めた日々の思い、全く動かない案件… だけど、実はゆっくりと流れていて、いつかは細流という結果となり動き出すのではないでしょうか …なん…

下見の醍醐味

撮影ポイントの下見で訪れた海岸 ここと、あそこと、この付近… レンズはどれにしようかアレコレ悩み イメージを膨らませながら海岸沿いをテクテク散歩 …だけど 今、明確に覚えているのは お昼に頂いたウニイクラ丼の濃密なお味のみ とっても美味しゅうござい…

安らぎ

安心感に包まれて眠ってみたいなぁ… 疲労して眠るより、安らぎのある眠りに憧れます

特等席

誰でもお気に入りの場所ってありますよね お洒落なカフェ? 綺麗な景色が見えるスポット? おそらく、そこは貴方にとっての特等席…心落ち着く特別な場所 予約も座席料も一切必要ない、ここからの眺めは私にとっての特等席

タイムマシン

やってしまった… そんな後悔って誰でもありますよね タイムマシンがあったら時間を巻き戻して失敗を回避したい 原因は何だったのだろう?よく考えてみよう それが理解できれば、次は失敗しないかもしれない 「過去」には戻れないけど「今日」の失敗、「未来…

シルエット

物事を表面だけしか捉えられていない時、それは外見をシルエットとして眺めているだけかもしれない 最近、そんな風に思う事がありました 物事以外にも人との関係もそう… 本質的な「色」が見えていない自分の未熟さに反省しなくては この大橋とタワーの色、は…

視界

忙しくなると、どんどん視界が狭くなる 目先の事しか見えなくなる 顔を上げよう 広い景色を見て視界を元に戻そう、目先ではなく先の事まで考えよう 街の夜景を見逃さないように、訪れるチャンスを逃さないように…

暑いの?

「暑いなら、冷たい床に頭つければ涼しいよ」 …なんて言われているようでした

何度でも何度でも

失敗したっていい…また陽が登る 陽が沈んでもまた次の日が来る 何度でも、何度でも チャンスは毎日やってくる…そう思いたい この一瞬、早朝か夕方か どう捉えるか、あなた次第

ここからスタート

ここが道路の起点なら 私が抱く目標も…ここを起点に目指して行こう

1本

駒形橋の交差点を押上方面に左折、目の前の視界に入る大きな1本 昔々の通勤路 この1本を見たいが為に好んで左折したものです 久々に見たくなりました 今回は徒歩で…その威風は今も変わりなく

主役は…

スカイツリーと薔薇 今日の主役は、雨露の薔薇 曇り空の梅雨景色、花露の様を愛でるのも、この時期の小さな愉しみ …かな?

さぁ、登ろう

暗雲立ち込める薄暗い夕暮れ時、人の気配もまばらな時間 でも天候や賑わい等、私には影響ない ここには静かな対話を求めに来たのだから さぁ、登ろう

期待通り

コロナ禍の影響なのか 手水舎の水が枯渇していると寂しくなります でも、ここは龍神様の水が満たされていました これだけで清らかな気持ちになれます 期待通り…ここまで登ってきて良かった

そろそろ

風鈴が恋しくなってきました 日中は蒸し暑かったですが、夜は涼しい風が入ってきます 音色が心地良いですね

小雨の間

止むような、でも止まないような小雨の日 湿った土の香りと雨音は、何故か心が安らぎます しばらく灯籠と…雨宿り

巣立った雛が時折戻ってきます 近づいても、全く臆する事なく見つめ返す 雄か雌かわからないけど…あなたは良い顔してますね

先客と刺客

久々に両親の家を訪問 なんと庭先に鳩が巣を作って鎮座していました すでに先客がいらっしゃったとは その距離、1mくらい… 狙っても無理だからね

いつかまた

今は厳しい状況だけど、頑張って持ち堪えて 必ず食べに行きます!

今後の楽しみ

交通量の激しい道路 その脇に造られている花壇 今度訪れた時はどうなっているかな…? これも楽しみの一つ

小雨の雫

雨足が強くなければ傘と相棒を連れ出します 濡れた土の香り、雨滴の音… 割と好きなんです、小雨って 小雨の雫 雫がついた花々は、いつもより艶やかに感じます

欲張り

この中に私の好きな彩は幾つあるのだろう…? ファインダー越しにいつも考える 本当は全部好きなのに

前世

私の前世は「虫」だったのではないか? 青紫の光にフラフラと誘われてしまいます

夕焼け

その場で立ち止まって、ただ眺めるだけ その時は何も考えない 空色の変化を楽しむだけ 自分よ、今日もお疲れ様

あっ

こんな風に見えるんだ いつもと違った場所から眺める新鮮さ …人も同じね

力を合わせて

どんなに重くたって、どんなに大変だって、4人で力を合わせれば前に進むんだよ やってみな …なんて、引退した蒸気機関に元気づけられたような気がします

トラムの日常

路面電車、トラム… 昔からとても興味ある乗り物でした 何故か1両の長さに惹かれるのです 歩行者も車も混在する道路 むしろ…興味というより、そこに溶け込む姿に不思議な魅力を感じるのです 路面電車が通り過ぎる道路脇、ひっそり咲く姿が可愛らしい ここでは…

濱の探訪 視線は想像へ

山下公園 視線は何処へ…貴女は何を想っているのでしょうね 今回の探訪はここ山下公園がゴール 日々の仕事で内面が疲れた時、桜木町からここまで散歩するのです 色鮮やかな花々達、傍でしばらく眺めるだけで気持ちが晴れやかになります もし花に色が無かった…