写 記

日常の世界で「ふっと」疲れたら…こちらの世界で「ふっと」綴ります♪

Instagram共通投稿

この建物の巨大さは物言わぬ迫力 眼下の街並みが小さく見えてしまいます… 細く小さく生きている私には、この大きさに憧れを抱くのです

三解脱門

貪欲・怒り・愚かさ 見事に当てはまります… そんな煩悩が解脱できるよう願いつつ、この門を何度もくぐります 車のヘッドライトと建物は現実世界の象徴かも この門の外に出たら、より謙虚に心改め現実を歩んで行きたい シルエットを眺めながら、そう感じました

似ても似ない

特別お題「わたしの推し」 制約と限られた場所から切り撮る難しさ 多くの方々が同じ場所から様々なカメラ・レンズで切り撮る場所 でもそれだけに心躍る魅力ある場所 kkchaochao.hatenablog.com 似た様な構図になっても、自分なりに表現したい要素は違うはず …

共に

メガネは顔の一部です 昔、CMの謳い文句で記憶していましたが 今、マスクも同じよね さぁ今年もマスクと共に行動開始

2022

あけましておめでとうございます 千両の花言葉 今年一年、皆様にとって大いなるご利益がありますよう願っております 本年もどうぞよろしくお願い致します

自分へのご褒美

今週のお題「買ってよかった2021」 「 自分へのご褒美」…これほど恐ろしい力を持った言霊があるでしょうか 一言この言葉を唱えれば、躊躇していた買い物も大義名分、罪悪感無く手に入れてしまう 今更ながら35mmの単焦点、買いました 個人差はあると思います…

キラキラ

漫画で描かれる瞳のように 目一杯キラキラさせてみました モダンな街並みの丸の内、イルミネーションによってクリスマスムードは更に盛り上がってますね キラキラで素敵なクリスマスが皆様に訪れますよう願っております少し早いけど… メリークリスマス♪

年の瀬

この時間の浅草寺、ここからの眺め、私は大好きです 日中の賑わいも良いけれど、静かな仲見世も落ち着くのです 慌ただしい年の瀬だからこそ、穏やかな雰囲気を求めてしまうのかもしれませんね

耐寒

ワタクシ、「超」が付くほどの冷え症 叶うなら、この花と同じく寒さに強くなりたい …でも後ろ姿はちょっぴり寒そうね

落葉

黄金色の絨毯はとてもとても美しく、踏み歩くのが勿体ない そんな銀杏並木の落葉もそろそろ見納めでしょうか…

織り

線と線、柱と柱、梁と梁そんな織りなす風景に、今夜も魅せられました

晴れ時々スナップ 麻布十番

お気に入りのNIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S マイクロ(マクロ)の世界を眺めさせてもらえる素敵なレンズ 今日は純粋に105mmの単焦点として、Z6と共に麻布へスナップ散歩です 十番稲荷神社のしめ縄 動画ではなく、実際に作っている様子を一度この目で見てみた…

懸命に

懸命に蜜を集める様は 眺めていてとても微笑ましいのです

鉢の中の少年

小さな鉢の世界でも君は立派に冒険しているかのよう… 私はどうだろう この広い世界で更に前に踏み出さなくては 君のように

切子

グラスも様々な種類がありますね たまには切子で一献

微小に微笑

マイクロなのかマクロなのか… 「微小」な世界を覗き込み、思わず「微笑」してしまいました

決意

ただ広いだけではなく、建造物をアクセントとして展開する そんな風景が大好きです ここは全てが私好み いつもなら、見終わってからこう思うのです 「あぁ…素敵だった、また来よう」と けれど訪れた瞬間から再来を決意するなんて 江之浦測候所、また一つお気…

不機嫌

誰だって寝ているところを起こされたら不機嫌になるよね 起こしてゴメンね😅

8で思う

多様性を8つの言語で表現したジャウメ・プレンサ氏の明快な表現 ルーツと呼ばれるパブリックアートは大好きです 訪れる度に変化する都市空間 今まで無かったものが新たに生まれたり無くなったり… 類似する建物があってもその使用目的は違ったり… ルーツに込…

憩いの境界線

水辺に人が集まるように 秋の陽射しは噴水の池へ注ぎ込んでいるかのよう… 半歩前に出れば木陰の間から降り注ぐ光によって視界は真っ白になってしまう そんな場所は逆光との境界線 木陰の隅で秋晴れの逆光を楽しんでおりました この境界線も私にとって憩いの…

目移り

草丘の間の出来事でございます 礒部草丘が描いた欄間絵、格天井の天井画、格子の奥に飾られた鮮やかな打掛… 全て雅な一瞬に、私の目は釘付けよりも、あれやこれやと目移りしたものです

漁樵の間

漁師と樵(きこり)の床柱 漁樵問答のように 己の限界を知り、身の丈にあった生き方を私はできているのだろうか…? 絢爛豪華な一面 春と秋、山と川、立位と座位… 対比を愉しむ中で、自問自答をした瞬間でした

さぁ…登ろう

憧れの百段階段、大切に登っていこうと思います 縁起物の多いこの空間、格子に象られた隅板の蝙蝠 中国では福を呼び寄せる生き物だとか… 説明がなければ通り過ぎてしまう隠れた存在に心がくすぐられてしまいます この先にある各階の「間」…とても楽しみなの…

もう少し

国立新美術館への入館は夕方頃、あぁ…もう夕焼空になっている サロン・ド・テ ロンドが見えるこの場所は日常の喧騒を忘れさせてくれる なんだろう…この空間がそう思わせてくれるのでしょうか 閉館間近の美術館 3階通路の静寂さ、まるで貸切のようでした ずっ…

待つ楽しみ

コロナの影響で美術館を巡ることが難しかったですが、ようやく再開 サロン・ド・テ ロンドとカフェ コキーユを一望するスポットは有名ですよね この日をどれだけ待ち望んでいた事か…美術館の造りから漂う空気感 展示室の通路も私には新鮮な感覚を得るのです …

夕暮の記憶

恋人でも、夫婦でも、親子でも、友達でも… 二人で眺める夕暮は、いつまでも心に記憶されるのでしょうね

静と動

静かな水面 それはゆっくりと流れていて、いつかは細流となり動き出す なんだか、静と動の関係に思えるのです 心に溜めた日々の思い、全く動かない案件… だけど、実はゆっくりと流れていて、いつかは細流という結果となり動き出すのではないでしょうか …なん…

過去の桜

過去の映画や音楽を鑑賞すると、当時の記憶が伏線となって思い出されますよね 写真も同じかも 2021年3月27日13時02分… この桜を見た時は こんな事して、あんな事して、そんな事して… 思い起こせば、色々な事したなぁ

安らぎ

安心感に包まれて眠ってみたいなぁ… 疲労して眠るより、安らぎのある眠りに憧れます

シルエット

物事を表面だけしか捉えられていない時、それは外見をシルエットとして眺めているだけかもしれない 最近、そんな風に思う事がありました 物事以外にも人との関係もそう… 本質的な「色」が見えていない自分の未熟さに反省しなくては この大橋とタワーの色、は…