写 記

日常の世界で「ふっと」疲れたら…こちらの世界で「ふっと」綴ります♪

想いの翼

「キタァ!お願い、飛んで!」

 

私を含め、川辺で待機していた多くのカメラマン。おそらく、想いは同じだったのではないでしょうか…

コハクチョウのテイクオフ、それはカメラを構えてから4時間の見守り…待った甲斐がありました。

 

 

その4時間前…川のほとり。

気温は氷点下、冷え性の私は湯たんぽ持参で撮影です。

レンズとカメラはまさに氷の塊。グローブを着けていてもシンシンと指先に冷たさが伝わってきます。

 

 

まだ眠いよね。

くちばし冷たいの?身体にうずめて温めているのかしら?

それでも、この極寒の水面で生きる貴方の体温、温もりとして私に分けてもらいたいものです。

 

 

この川で白鳥を撮り続けているカメラマンさん達とお話をするうちに、真っ暗な川辺も陽が登り明るくなってきました。

陽射しに照らされた白鳥を眺めていると、凍てついた心と指先が暖かみによって溶け出してきそう。

 

 

カメラマンさん達とのお話で、白鳥達は川の中程に集まって飛び立つとの事。

クェ〜クェ〜と鳴き声の呼応が次第に大きくなってきました。これが飛び立ちの合図なのでしょうか?

 

 

え!?突然。

しかも速い!もっと助走するかと思ってたけど、初速から身体浮いてる。

轟く羽音にしっかりと目が覚めましたが、同時に身体の奥底から湧き立つ感動。

…だって、極寒の4時間、この瞬間をずっと待っていたから。諦めず、帰らなくてよかった。

 

 

ファインダーを眺めながらこう想ったのです。

「みんな、みんなカッコいいよ!感動をありがとう」って

 

野生動物を相手に、人間の勝手な都合で彼等が行動してくれるわけありませんよね。

だからこそ、その瞬間が来るまで、ひたすら見守り、待機する。

諦めの空気が色濃くなった時、まさか飛び立ってくれるとは…

 

彼等の飛翔を眺めつつ、感動という想いを翼に乗せて、共に飛び立てた気がしたのです。

雨の勇姿

雨降ってきたし、帰ろうかな…

だけど、撮りたい瞬間が到来する時って、いつも心折れかけた時

 

 

くわえた枝は、巣作りの材料でしょうか?

一目散に巣へ戻るカワウ

翼の模様は自然が生み出した芸術に感じます

 

 

アオサギの羽根色、とても好みな色彩

降り立つ姿は舞い降りているかのよう

 

 

翼を大きく広げて、いよいよ右旋回…

飛行機もそうですが、この瞬間のバンク、うっとりしちゃいます

ダイサギの滑空姿は、羽根も脚も一直線に伸びて美しかったなぁ

でも…あなた、何をくわえてるの?

 

あいにくの雨で心折れましたが、諦めてはいけないですね

おかげで水鳥達の勇姿を眺める事ができました

 

…そう言われてるみたい

「やだぁ〜いきなり撮らないでよ、まだメイクしてないんだから」

…そう言われてるみたい

 

 

「何持ってるの?食べ物?」

…そう言われているみたい

 

大きなレンズはビックリしちゃうよね…驚かせちゃった、ごめんごめん

 

2023年、私の写活テーマ

「生と動」

生きるもの、動くもの…だけどそれらは近寄る事が不可能な被写体ばかり

だからこのレンズで大きく引き寄せたい

 

 

「あちゃぁ〜、そんな重そうなレンズ大丈夫なの??」

…そう言われてるみたい

 

 

あら?こう見えて結構軽いのよ

急に飛び出してきた貴方達にも、すぐ構えられる

この軽さと機動力を生かして撮りたい被写体があるんだけど、それにはまだまだ私の撮影スキルが足りない

だから日々練習あるのみ

 

 

「うぉっしゃぁ〜!それじゃその目標に向かって頑張るべし」

…そう言われてるみたい…かな?

最短撮影距離2.5mから眺めた貴方の瞳、結構イイ顔してるじゃない

2023

今年こそ、望遠の世界へ踏み込みたい

だって、飛び立つ姿が撮りたいから

2023年の目標、理想で終わるか実現するか

まぁ…願うくらい、いいよね

 

一年の記憶

まもなく2022年が終わりますね。今年も写活の一年でした

皆様はどんな一年でしたか??

今年の撮影は9181枚、3TBのハードディスクもそろそろ底が見えてきた状態…一年を振り返るつもりでハードディスク内の写真を眺めると、出てくる出てくる沢山の写真達。

「ここは綺麗だった…あそこも良かったなぁ」なんて、閲覧しているだけでちょっとした旅行気分になります(大掃除中はダメですね作業が止まっちゃう)

でも、このままだとダラダラと眺め終わってしまう。私自身のケジメとしてこの一年の写活を総括したくなり、12枚の写真で当時の記憶を再び振り返ろうと思いました。

Nikon Z6とZ7、そして私が愛するNIKKOR Zレンズ達、共に歩んだ一年の記憶です。

 

睦月

2022年1月、Z6高感度耐性の恩恵から、夜間スナップ用に購入したNIKKOR Z 35mm f/1.8S。

増上寺、三解脱門のシルエット

この時は寒かったなぁ〜

自分にとって好みの画角、人それぞれですよね…私は程よく背景を取り込める35mmが大好き。

 

kkchaochao.hatenablog.com

 

如月

2022年2月、スカイツリーからの眺めより、スカイツリーの塔体を見たくなってイーストタワーへ。

「近くは大きく、遠きは小さく」この関係性…

準広角と呼ばれている35mm、私とっては立派な広角レンズ。

風景撮影にも使えるじゃんって確定した瞬間。

 

kkchaochao.hatenablog.com

 

弥生

2022年3月、元気に咲き誇っているクリスマスローズ

豆もやし?のような可愛らしい雌しべや雄しべをもっと大きく眺めたくなりNIKKOR Z MC 105mmf/2.8 VR S で撮影。

探究心をくすぐられる微小な世界。だけど、どの一点に合焦させるか…?そんな悩ましさもこの世界の魅力かもしれません。

 

kkchaochao.hatenablog.com

 

卯月

2022年4月、何かにつけて圧縮効果を表現したくなってきた春先。

ちょうどキャッシュバックキャンペーンもあり、後押しされてNIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sを導入。

東京タワーを引き寄せたい…そんな目的で札の辻橋歩道橋へ。

とっても大きく見える非現実的な東京タワー…ファインダーを眺めながら小躍りしていた覚えがあります。

 

kkchaochao.hatenablog.com

 

皐月

2022年5月、数ヶ月前にロケハンし、絶対ここから撮る!と、決めていた磯前神社、神磯の鳥居。

FUJIFILM時代に使用していた77mm径のフィルター達もここで大活躍でした。

朝焼けの鳥居に霞む霧の波…神々しさに三脚の前で合掌しておりました。

 

kkchaochao.hatenablog.com

 

水無月

2022年6月、ある写真家が撮られた花の写真を拝見した際、おでこを掌底突きされたかのような衝撃を受けました。

その写真はマイクロ(マクロ)レンズで撮られたという事はわかったのですが、フォーカスシフト撮影という手法がどれほど大事か改めて見直した瞬間でもありました。

何より…花は美しいだけでなく、本当は力強さ保っているのではないかと感じたものです。

 

kkchaochao.hatenablog.com

 

文月

2022年7月、高画素機に挑戦したく機材をZ6からZ7へ。7月にZ7…思い返せば「7」繋がりの月でした。

ローパスフィルターレスとNIKKOR Zレンズの組み合わせがどのような表現をしてくれるか…そんな期待感をカメラに寄せる日々が初夏から始まったのです。

この日の朝雲…細かくて空がとっても広かった。

 

kkchaochao.hatenablog.com

 

葉月

2022年8月、立ち入れない場所には望遠ね。そんな単純な理由でNIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S を携え川崎千鳥町へ。

工場夜景には以前から興味がありましたが、現場へ訪れるとこれがまだ予想以上に魅力的な世界。

複雑な構造体、反射する照明の陰影、人の気配を感じない工場の寂しげな熱気…

煌びやかなイルミネーションとは違う、シュールな美しさを体感した瞬間でもありました。

 

kkchaochao.hatenablog.com

 

長月

2022年9月、「花はマイクロ、中望遠」私の中でそんな言葉が出来上がった巾着田曼珠沙華公園での一場面。

NIKKOR Z 105mm f/2.8 VR Sを携えるとつい寄りたくなりますが、この時は105mmの中望遠単焦点レンズとして撮影していました。

私好みの朱色…妖艶な咲き誇りを巾着田で思いっきり堪能してきましたよ。

 

kkchaochao.hatenablog.com

 

神無月(私は今、関東に居るので…)

2022年10月、私のZシステムで最広角端を担うNIKKOR Z 14-24mm f/2.8 Sを導入。

新緑の中に溶け込む滝を感じたく、長野県の竜返し滝へ。

熊の出没にビクビクしていましたが、マイナスイオンたっぷりでとても気持ち良かった。

 

kkchaochao.hatenablog.com

 

霜月

2022年11月、私のイメージをしっかり表現してくれるレンズに出会えました。

NIKKOR Z 50mm f/1.2 Sは今年一番、私をワクワクさせてくれたレンズです。

猫ポトレ…飼い猫や散歩中に出会う猫達の表情や毛並み、この子達の姿を50mmでしっかり形に残したい。

そんなテーマが生まれた月でもありました。

 

kkchaochao.hatenablog.com

 

師走

2022年12月、ようやく終わった繁忙期。あとは年越しに向けての準備に大慌て、そんな中でも年末恒例の儀式として愛宕神社へ参拝。

今回はNIKKOR Z 14-24mm f/2.8 Sを携えて、狛犬を起点に頂上まで長く伸びた石段を撮らせていただきました。

超広角域…私にはとても難しいレンズですが、勉強になる奥深いレンズ、そう感じてます。

 

kkchaochao.hatenablog.com

 

 

2022年も今日で最後。一年の記憶を完成する為、今日までブログ更新を続けてこれたのは、なにより皆様から頂いた☆やブックマーク、そしてコメントのおかげです。この場をお借りして心より御礼申し上げます。

ありがとうございました。大変感謝しております。

来年も皆様にとって素晴らしい一年になりますよう願っております。

 

 

鯉のバカンス

毎年恒例

私にとって、これは儀式

それは、ここ愛宕山を登り切ること

 

 

年を重ねる度、この石段…厳しく感じます

頂上の愛宕神社へ参拝し、庭園の鯉を愛でる

この流れが、年越し前の大事な儀式

 

 

 

…って、ウソでしょ〜!?どこのバカンスへ行ったのよ〜?

衝撃的な鯉のバカンス、これもまた年末の良き思い出とします